ぼくたちは勉強ができない89話(最新話)ネタバレと感想!

今回は、週刊少年ジャンプで連載されているぼくたちは勉強ができないの最新話である89話【最愛の星に「X」の名を5】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年ジャンプはU-NEXTを使えば無料で読むことができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレ(88話)はこちらから。

ぼくたちは勉強ができない88話(最新話)ネタバレと感想!

2018.11.19

ぼくたちは勉強ができない89話(最新話)ネタバレ

「・・・成幸くん 前にもこうして手を握ってくれたよね」

星が広がる草原の中で、成幸と文乃は会話する。

「わぁッ!? つい勢いで!! ごごごめッ!!!」

成幸は慌てて手を離し、文乃は嫌っている訳では無いとフォローを入れる。

「やっぱり お母さんの手と似てるなって・・・ お母さんともね よくこうして一緒に星を・・・」

そこで文乃の母、静流の言葉を思い出す。

(文乃なら ー・・・する? もしも新しい星を見つけたら 文乃ならどんな名前をつけたい?)

「古橋?」

「星・・・ ・・・『☆』の名前・・・」

古橋家にてー

「・・・静流に聞く・・・ だと・・・?」

文乃と零侍は向かい合う。

「そのPCには触るなと言っただろう・・・ それにはあいつの論文が・・・」

そこまで言いかけたが、

「なかった」

文乃の言葉で遮られる。

「何・・・?」

「論文なんて入ってなかったよ」

そこで文乃は、静流のPCを零侍に見せる。

そのPCには、ひとつの動画データしか入っていなかった。

「開いたのか!? どうやってパスワードを・・・ いや それより動画データが1つだけ・・・!?

論文・・・論文はっ!!?」

そんな時PCが起動し、動画が再生される。

「よい・・・しょっと」

そこには静流が映っていた。

「静流!?」

「あらら?なんだろこの赤いランプ・・・ええっと・・・ ってキャー!!これ録画になっちゃってる!?」

静流は慌てふためき、ドジっぷりを垣間みる。

そして、静流は髪を整えながら話し始める。

「えーっとこの度はですねー・・・3つほど謝りたいことがありましてー・・・」

手で3を示しながら言う。

「ゴメンその1!このPCにミレニアム懸賞問題の論文入れといたって話・・・あれウッソー!!」

「・・・・・・・・・えっ」

零侍は驚きを隠せない表情をする。

「あんなん私如きにゃムリムリ!ムズいし!」

陽気なテンションで言う。

「天才の君が何を・・・」

「ゴメンその2!わたし『天才』とか言われてちょっと調子こいてたけど・・・ぶっちゃけ高校まで数学の才能とかゼロでした〜っ!!」

「えぇぇ!?」

静流は零侍に良いとこ見せうたくて、努力したら結果がついてきただけど語った。

そして最後に、

「好きなことを全力で 好きにやりなさい」

文乃に向けてそう言った。

文乃が家を出ると、

「違います誤解です!!俺はここの住人の友人で・・・ッ!!」

成幸が警官にストーカーで捕まるところだった。

楠木公園にてー

「・・・もう成幸くんってば・・・」

「ご ごめん どうにも心配で・・・」

2人はベンチに腰掛け話す。

古橋家にてー

零侍は、1人で動画の続きを見ていた。

「お母さーん!今日いっしょに星を見る約束!」

子供の時の文乃が、静流に話しかける。

「あら文乃 いけない もうそんな時間?」

そして、静流はもし星を見つけたらなんて名前を付けるかを文乃にたずねる。

すると、

「『レイジ』!!」

と答えた。

動画を見終えた零侍は、

再び再生ボタンを押す。

再び楠木公園にてー

「親父さんも自分の名前がパスワードとは思わんかったろうなぁ・・・」

成幸は星を見ながら言う。

「皮肉だよね 私たちが互いにちゃんと向き合えてさえいたら すぐに解けたパスワードだったのに・・・ 10年もかかっちゃった」

そして文乃は、またも静流のことを思い出す。

(わっ やばっ 3つ目の『ゴメン』言い忘れてた!)

(えーっなんの話?お母さん?)

(ゴメンね・・・ この先もしかしたら とても寂しい思いをさせてしまうかもしれない でも・・・お母さんが零侍くん・・・ お父さんを支えにいっぱい頑張れたみたいに)

静流は文乃の手をとり

(文乃にもきっと・・・ そんな素敵な人に出会える日がきっと来るから)

と伝えた。

「・・・うん 大丈夫だよ お母さん」

文乃は独り言でこたえる。

そして、

「成幸くん ありがとう 支えてくれて」

とお礼をいい、成幸の肩に寄りかかる。

「また寝ちゃったのか 古橋・・・」

(無理もないか 今日は 本当によく頑張ったもんな・・・)

と思っていたら、

「起きてる」

と文乃がこたえ、成幸の顔も赤く染まる。

「これはさすがにちょっと・・・」

文乃はすぐどくと言い、

「だから・・・ あとほんのちょっとだけ・・・ このままでもいい・・・?」

学校にてー

「失礼しました」

三者面談を終え、零侍と文乃が出てくる。

そして文乃は成幸と2人で外で教科書を読んでいた。

「そうか 無事認めてもらえてよかったな」

「おかげ様で・・・」

「あのさ古橋・・・ うちの母さんが言ってたんだけど お前の家出中・・・」

と言って、零侍が成幸の母と会っていたと伝える。

零侍は、迷惑をかけてしまったことへの謝罪と、文乃が元気にしていたかを聞いた。

成幸の母は、

「三者面談 りっちゃんの事なんてただの口実で 本当は出るつもりで学校に行ったんでしょう」

とズバリ言う。

そして、零侍は文乃を理不尽に叩いてしまったことについてを打ち明けた。

「・・・じゃ もしかして あの時の電話の相手って・・・」

「十中八九母さんだな」

と家出中のことを思い出す。

そんな時、

「私の話か」

零侍が歩いて来た。

文乃は大学はいいのか聞くと、

「ひとつ確認すべき事項があったのを思い出してな」

と言って成幸をじっとみる。

そして、

「娘とは具体的にどの段階までの関係なのだろうか?」

と聞き出した。

「え!?それはどういう・・・」

「当然 ひとつ屋根の下下に暮らしたのだから・・・」

「ギャアアア!!何言ってんのお父さん!? 全然そういうんじゃないから さっさと帰って!!」

Sponsored Links

ぼくたちは勉強ができない89話(最新話)感想

やっと文乃と零侍の親子喧嘩が終わりました!

長かったです…

でも、零侍って実は不器用なだけで物凄く良い親だったんですねw

今回も文乃も可愛かったですし、何よりも感動してしまいました!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年ジャンプで連載されているぼくたちは勉強ができないの最新話である89話【最愛の星に「X」の名を5】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です