コウノドリ(漫画)266話【最新話】のネタバレと感想

今回は、週刊モーニングで連載されているのコウノドリの最新話である266話の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊モーニングはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレはこちら。

コウノドリ(漫画)265話【最新話】のネタバレと感想

2018.11.22

コウノドリ(漫画)266話(最新話)ネタバレ

緑ヶ丘中央病院

「・・・確かに里帰りをしたここ1か月で6㎏は太りすぎだな~。サエちゃんのお母さんは世話を焼きすぎるのがな・・・。乳がんの手術後サエちゃんが心配でしょうがないんだろうね」。

とサエの体重が増加していることを心配する四宮の父親。

「それだけ実家でリラックスしているってことですよ」

という井口先生の発言に四宮が

「それで実家の両親に甘え妊婦がぶくぶく太ってもしも母子に何かあったらどうするんです?だったら里帰出産なんてしないほうがいい」

と厳しい言葉をいう。

サエが夫とテレビ電話で話す。

「本当四宮・・・その産科の先生がイヤミっぽいんだよ!」

と夫に愚痴をこぼす。

夫も、サエに顔が太ったと言う。

「確かに実家に来てから家事もお母さんがやってくれるし・・・ちょっと食べ過ぎではあるかな」

とサエ。

「でもさ・・来週はもう予定日だしちょっと気を付けたほうがいいんじゃない?」

という夫の言葉に

「うん・・・そうする」

夫は、陣痛が来たらすぐに向かうと言って電話を切った。

そんな会話の後、父親がサエの好きなイチゴ大福を買ってきて食べろと勧める。

「じゃあ一個だけもらおうかな~」

とイチゴ大福に手が伸びた時

「痛っ・・・」

と陣痛が来たサエ。

緑ヶ丘中央病院にしたサエ。

「・・・入院してから10時間ほど経ちましたが子宮の入り口はまだ3センチですし生まれるまではまだ時間がかかると思います。ご主人もだいぶ早くに来られましたが・・・今日中には生まれないと思いますよ」

と家族に説明する四宮。

「あの人が例の産科医か~」

と夫が考えているとサエが水を欲しがる。

自分が買いに行くという夫。

水を買っていると廊下で四宮と会う。

「サエ・・・妻は順調なんですかね?」

と四宮に話しかける夫。

夫は仕事が忙しく妊娠中の事は妻と妻の両親に任せっきりだったこと、太っていていることを心配していることを伝える。

また、結婚してすぐ乳がんが見つかり、妻は離婚を考えていたことを伝える。

「私は手術をして5年間ちゃんとホルモン治療をして一緒に頑張ろうと言いました・・・ただ彼女に生きていてほしかったんです。ホルモン治療を始めてから2年が経って・・・。彼女が治療を中断して赤ちゃんが欲しいと言ったんです。私は・・・反対でした。」

四宮は黙って夫の話を聞く。

がん再発が怖かったこと、まだ2年しかたっていないこと何より乳がんの人の妊娠出産なんて聞いたことがなかったことを四宮に話す夫。

「乳がんにはいろんな病状や病期があります。その病状によっては当然・・・妊娠・出産を諦めるご夫婦もいます」

と話し始める四宮。

「状況によっては妊娠を継続しながら治療を行うこともあります。赤ちゃんに影響の少ない抗がん剤治療や手術をすることもあります」

内容に驚く夫。

「乳がんと一概に言っても、妊娠・・・出産との関わり方は女性によって様々ですから。」

と続ける四宮。

朝になり出産シーンになる。

分娩室で家族立会いの中出産をするサエ。

四宮がサクラに電話する。

「田島さんなんだがな・・・」

「何かあった?」

と心配するサクラに

「いや。さっき無事に生まれた。女の子だ。多少難産だったが問題はないと思う。1か月検診が終わればそっちに帰れるだろう」

と四宮。

「ありがとね四宮・・・」

サクラは四宮にお礼を言う。

四宮がサエの様子を見に行くとサエは

「あの先生・・・私育児頑張ります。退院しても1か月検診まではこっちにいますし・・・食べ過ぎにも注意しなきゃ・・・」

そんなサエに四宮は

「別に頑張る必要なんてないですよ。赤ちゃんの世話以外する必要ないですね」

と言う。驚くサエに

産後は体力が回復するのにとても時間がかかり、特に退院直後は授乳などでまとまった睡眠もとれない。少しでも時間があれば赤ちゃんは両親に任せて休んだ方がいいことを伝える。

「それに田島さんは半年後から乳がんのホルモン治療がひかえています。産後・・・こっちにいる間はたくさん両親に甘えてたくさん食べて体力を回復させてください。それが里帰出産の1番のメリットですから。」

と話す四宮を優しく見つめるサエ。

四宮はミツルにサエの出産を報告する。

「よかったなハルやん」

というミツルに

優しい笑顔で

「ああ・・・よかった」

と言う四宮。

安堵のミツルに対し四宮は

「ミツル・・・注文いいか?」

「おう何にする?」

と張り切って返事をするミツル

「ジャムパンと牛乳。」

「パン屋行けよ」

と返すミツル。

コウノドリ(漫画)267話【最新話】のネタバレと感想

2018.12.06
Sponsored Links

コウノドリ(漫画)266話(最新話)感想

サエが無事出産できてよかったです。

四宮は厳しいことも言いますがなんだかんだ患者の事を大切に思っていていい先生です。

頑張らなくていいなんて言われると一気に安心できるものです。

今回で里帰り出産編は終わり次回からはどんな話になるのか楽しみです。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊モーニングで連載されているのコウノドリの最新話である266話の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です