ハイキュー329話【全国三大エース】最新話ネタバレと感想!

今回は、週刊少年ジャンプで連載されているハイキューの最新話である329話【全国三大エース】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年ジャンプはU-NEXTを使えば無料で読むことができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回(328話)のネタバレはこちら。

ハイキュー328話【負けられない戦い】最新話ネタバレと感想!

2018.11.26

ハイキュー329話(最新話)ネタバレ

桐生のスパイクがさらに決まり、狢坂:3 – 梟谷:2。

研磨の観察眼が光ります。曰く、桐生はいかにも「パワーあります」って感じだけど何気にジャンプもすごい、打ち方がちょっと面白いと。

山本曰く、桐生はスパイクの時利き腕に出来るだけ体重を乗せる打ち方を意識しているらしいとのこと。

コースを打ち分けるよりは、パワー重視型の「ブッ放す」系で、高さとパワーだけでもおっかないけれど、それだけではないと黒尾は推察します。

桐生が中学二年のとき、白鳥沢の牛島と並び立って、トスが集まるエースである桐生は執拗にマークされていました。

けれど、崖っぷちでも牛島は「エース」であったのに対し、桐生は最後の一本へ飛ぶことすらできませんでした。

チームメイトから桐生にばかり頼りすぎていた、ごめん、と謝られてしまった桐生は、

「全部呼ぶけん、全部打つけん、謝らんでくれ」

と大粒の涙をこぼすのでした。

その決意に従って桐生は動きます。

セッターがファーストタッチとなり、少し低く上がってしまったボールに対し、通常であれば二歩、もしくは三歩で行う助走を一歩に切り替え膝下ロト得点を得ます。

狢坂:11 – 梟谷:9

普段冷静な赤葦にも焦りの表情が見えます。

どんなボールも得点に変える「悪球打ちの桐生」という二つ名に見合うように、返球で精一杯になってしまったり、無理に打てばブロックに捕まってしまいそうだったりという不十分なトスにすら桐生は合わせ、パワーで点を捥ぎ獲る。

器用さと強引さが混在したスタイルの選手なのだと解説者は語ります。

そんな梟谷にとっては良くない雰囲気に支配されそうなとき、木兎がやってくれます。

またも上がったまたも打ち込まれた桐生のスパイクに突っ込みすぎた木兎はアンダーもオーバーでも処理できないボールとの距離感にとっさに自分の胸を使ってボールを上げます。

桐生もそして見ていた黒尾たちも色めき立つ中、木兎は叫ぶのです。

「ナイスレシーブ!!!」と。

ハイキュー330話【エースのさだめ】最新話ネタバレと感想!

2018.12.10
Sponsored Links

ハイキュー329話(最新話)感想

木兎さん、ほんと木兎さん…という感じです。

普段はしょぼくれモードに入ったりして赤葦の手を焼かせているイメージが強いですが、こういうところを見ると、あぁ梟谷のエースは木兎さんなんだなぁと思います。

メンタル強いのか弱いのか相変わらず謎なところですが。

そして桐生さんは少しかつての旭さんの思い出させるなぁと思います。

自分の弱さを目の当たりにして、それでもエースとしてあろうとする姿。

以前旭さんが部活に来れなくなってしまったときにやったOBたちとの試合で、トスを呼んだ姿がとても印象的に描かれていましたが、スパイカーにとって、トスを呼ぶことというのは大きな意味を持つんだなぁと感じました。

さて、どちらかというと試合開始から狢坂にやられっぱなしな印象の梟谷。

反撃の狼煙が今、上がった…のでしょうか?

次回は木兎さんの活躍が見れそうでワクワクしています。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年ジャンプで連載されているハイキューの最新話である329話【全国三大エース】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です