鬼滅の刃137話【不滅】最新話のネタバレと感想

今回は、週刊少年ジャンプで連載されている鬼滅の刃の最新話である137話【不滅】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年ジャンプはU-NEXTを使えば無料で読むことができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回(136話)のネタバレと感想はこちら。

鬼滅の刃136話【動く】最新話のネタバレと感想

2018.11.26

鬼滅の刃137話(最新話)ネタバレ

とうとう産屋敷邸を探り当てた無惨。産屋敷一族が、鬼殺隊が千年追い続けた鬼との対峙はとても静かなものでした。

産屋敷は妻のあまねに問います。どのような姿形をしているのかと。

二十代半ばから後半あたりの男性で、瞳は紅梅色。瞳孔が猫のように縦長と淡々と答えたあまねの答えを聞いて、産屋敷は無惨へ告げます。

「君は私に…産屋敷一族に酷く腹を立てていただろうから…私だけは…君が…君自身が殺しに来ると…思っていた…」と。

そんな姿に、無惨は心底興醒めしたとなんの感情も浮かべない表情で応えます。

産屋敷の姿は包帯だらけで、起き上がるのもままならない様子。

その様子を見て、身の程も弁えず千年にも渡り、自分の邪魔をしてきた一族の長がこんなザマで、醜い、お前からはすでに屍の匂いがするよ、と酷い言葉を投げつけます。

それに対し産屋敷は何とか身体を起こすのです。

すでに半年も前に、医者から数日で死ぬと言われていた身体だと、けれどそれでもまだ生きているのはひとえに無惨を倒したいという一心ゆえからだと目からも口からも血を流しながら告げるのです。

さらに言葉を重ねます。

実は産屋敷と無惨は同じ血筋なのだと。

けれど無惨のような怪物を出してしまったことで一族は皆病弱ですぐに死んでしまう呪いにかかっていたと。

とうとう一族が絶えかけたときに神主から「同じ血筋から鬼が出ている…その者を倒すために心血を注ぎなさい…そうすれば一族は絶えない」と助言を受けたのだと。

けれどそれでも一族の者は三十年と生きられないのだと言います。

けれど無惨にとってはそんな者迷言にしか聞こえません。

そんな事柄には何の因果関係もない、自分には何の天罰も下っていないし何百何千の人間を殺しても私は許されているのだ、と言うのです。

そんな無惨に産屋敷は問います。「君の夢は何だい?」と。

この千年間、どんな夢を見ているのかと。

涼しい顔をしている無惨でしたが、頭の中は奇妙な感覚のことについてでいっぱいでした。

ずっと目障りだと思ってきた鬼殺隊の元凶である産屋敷を目の前にして憎しみが湧かない、と。

むしろ感じるのは奇妙な懐かしさや安堵感だと言うのです。

ずっと敵対してきた鬼の頭領である無惨が現れているというのに、そして鬼殺隊を司る長だというのに屋敷には産屋敷とあまね、子どもふたりの計四人だけで護衛もなし。

それどころか、子どもたちは手毬唄を歌いながら鞠遊びをしている状態です。

そんな気色の悪い感覚に襲われている無惨に、君の心が私にはわかるよと産屋敷は声をかけます、永遠を、不滅を夢見ているのだろう、と。

無惨はそれを認め、そしてそれは炭治郎の妹さえ手に入れれば叶うのだと言ってのけます。

けれど産屋敷はその夢は叶わないと言います。

産屋敷にとって永遠とは人の想いだからです。

この千年、鬼殺隊は無くならなかった、大切な人の命を理不尽に奪った者を許さないという想いは永遠だと。

だから無惨は千年間許されてないままだし、眠っていたはずの虎や龍を起こして、虎の尾を踏み、龍の逆鱗に触れている状態なのだと。

この繋がりを理解できない要因として、無惨が死ねば全ての鬼が滅ぶんだろうと指摘してきた産屋敷の言葉に初めて無惨の様子が変わります。

とうとう産屋敷へ手を伸ばしてきた無惨に、それでも産屋敷は穏やかなままでした。

むしろこんなに話を聞いてもらえるとは思ってなかった、ありがとう、とさえ言います。

その頃柱たちは緊急招集の声に必死に駆けていました。

一刻も早く、産屋敷邸へとたどり着くように。

義勇と共にいた炭治郎も同様に走っていました。間に合え…!と強く祈りながら。

鬼滅の刃138話【急転】最新話のネタバレと感想

2018.12.10
Sponsored Links

鬼滅の刃137話(最新話)感想

千年も対峙してきた宿敵同士とは思えないくらいの静かで穏やかな時間です。

無惨が感じた懐かしさや安堵感というのは、同じ血筋というものの裏付けを示すのか、これからの伏線なのか…

無惨が死ねば鬼は滅ぶという言葉に顔色を変えたのも気になりますね…。

柱たちの必死な様子からいかにお館様が慕われているのか分かります。

果たして間に合うのか、次回はお話が大きく動きそうな予感です…!!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年ジャンプで連載されている鬼滅の刃の最新話である137話【不滅】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です