ゴールデンカムイ182話【私の知らない父の事】最新話ネタバレ感想

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているゴールデンカムイの最新話である182話【私の知らない父の事】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊ヤングジャンプはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回(181話)のネタバレはこちら。

ゴールデンカムイ181話【アムールトラ】最新話ネタバレと感想

2018.11.29

ゴールデンカムイ182話(最新話)ネタバレ

キロランケを殴ったソフィアはすぐに振り向き

「さあ行くよ!!」

と声をかける。

その頃、ソフィアが逃げた監獄では看守達が銃を持って逃げた人らを探している。

「こっちだ!!急げ!!」

「いたぞ!!あそこだ!!」

と銃で撃とうとしたが、それはニヴフの漁師だった。

看守達がよく見ると当たりにはニヴフの漁師しかいない・・・そう、これはキロランケ達の作戦だった。

「上手くいった!誰も追ってこねえ!」

「脱獄決行の時間を漁師の多い明け方にして正解だった!」

と逃げるキロランケ達。

その時

「私の父の事を教えて欲しい・・・ソフィアしか知らないアチャのことを」

とアシリパが言う。

ソフィアはニコリと微笑み、話し始めた。

「彼は純粋で美しかった」

「私は豪華な家に住み綺麗な服を着て育った」

「都会のことしか知らないお嬢様だったわ」

「革命運動でふたりと出会ったのあ、私が知らないいろんなことを教えてくれた」

「コケモモの塩漬け、樺太アイヌの犬ぞり」

「前髪に結んだホホチリ、ウイルタのトナカイの骨占い」

「ニヴフのアザラシや魚の皮で作った服、極東に住む少数民族達の生活」

「我々が話す独自の言葉・・・信じている神様」

「戦って守らないとすべて消えてしまう、生まれてくる子どもたちは言葉も神様も忘れてしまうだろう」

「アメリカの先住民族はどうして白人に負けたのか、各部族が対立して殺し合っていたからだ・・・」

「日本の北海道にも樺太アイヌによく似た文化を持つ民族がいるのだそうだ」

「それぞれ民族は少ないだろうが協力し合えばきっと・・・樺太・北海道を含めた極東連邦国家を作ればいい」

これを聞いた白石は

「ハハ・・・でっかいな」

と口を挟む。

・・・

その頃監獄では杉本一行が到着していた。

一歩遅かったが、臭いでまだ近くにいることに気付く。

「どうだ?リュウ」

臭いを嗅いだ犬が進んだ方向を判断する。

「おいおい・・・流水の上を逃げたというんじゃなかろうな?」

と鯉登は言うが

「リュウがあっちと言うなら俺は信じるぜ」

と杉本は言う。

その時杉本一行にトラが襲うも銃をぶっ放し威嚇する。

銃声を聞いた尾形が

(古い銃で使われるような黒色火薬の間延びした銃声・・・まさかな)

と気配を感じる。

ゴールデンカムイ183話【狼に追いつく】最新話ネタバレ感想

2018.12.13
Sponsored Links

ゴールデンカムイ182話感想

アシリパはソフィアにお父さんの事を教えて貰ってよかったですね☆

ソフィアがキロランケを殴ったのは驚きましたが・・・まあ大丈夫でしょう。

杉本一行とキロランケ達はまだ距離がありますが、今後合流するのかな?

看守は諦めずに追って来るのかな?

この当たりも含め来週も楽しみにしておきましょう!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているゴールデンカムイの最新話である182話【私の知らない父の事】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です