鬼滅の刃138話【急転】最新話のネタバレと感想

今回は、週刊少年ジャンプで連載されている鬼滅の刃の最新話である138話【急転】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年ジャンプはU-NEXTを使えば無料で読むことができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回(137話)のネタバレと感想はこちら。

鬼滅の刃137話【不滅】最新話のネタバレと感想

2018.12.03

鬼滅の刃138話(最新話)ネタバレ

襲撃に備えて、柱たちはお館様には最低でも柱二人は護衛につけるべきだと話し合っていました。

けれど再三申し出ても、柱という貴重な戦力は自分ひとりのために使うものではないとの一点張りだったと言います。

だから柱たちは知っているのです。お館様の元に護衛などいないことを。

けれど必至に駆けてきた柱たちの目の前で産屋敷邸は爆破されてしまうのです。

驚きに目を見張る柱たち。もちろん屋敷にいた無惨は大怪我を負います。

仏のように穏やかな笑みを貼り付けたまま妻・こども諸共に爆薬で消し飛ばすなんて、完全に常軌を逸しているという無惨。

爆薬の中にも細かい撒菱のようなものが入っていて、そのことがさらに殺傷能力を上げて無惨の再生を遅らせていました。

産屋敷が自分を囮にして、何をしようとしているのか頭を回転させる無惨。

こんなにも常軌を逸するほどの殺意を隠し抜いたことに驚きつつも冷静になろうとする無惨へ次の手が襲いかかります。

血鬼術により多くの棘が無惨の体を貫き身動きを取れないようにしてきたのです。

その棘を吸収して何とか対応しようとしたところにさらなる一手。

傷ついた無惨の体にどこから現れたのか珠世が拳を突き立てます。

その手には鬼を人間に戻す薬が握られていました。何とか珠世を引き剥がそうとする無惨。

珠世の恨みをさかうらみだ、自分のせいではないか、と嘲笑います。

けれど大切な夫を、こどもを鬼となってしまって喰い殺してしまった自分に、自暴自棄になってしまって大勢の人を殺してしまった自分の罪を償うためにも無惨とともにここで死ぬ、と強い決意で片目を潰されようとも無惨から離れようとしない珠世。

そこにようやくたどり着いた悲鳴嶼によって無惨の頭は潰されたのでした。

鬼滅の刃139話【落ちる】最新話のネタバレと感想

2018.12.17
Sponsored Links

鬼滅の刃138話(最新話)感想

え、え?とタイトルどおりの急転っぷりについていけてないです…。

どこから出てきた珠世さん。

そしていつのまにそんな大層な薬が出来上がっていたのか。

そして頭を潰された無惨が再生できないのであれば、ここで鬼は消え失せるのか…。

けれど鬼の親玉がそんな簡単に死ぬはずもないと思うのでここからどうなっていくのかドキドキです…。

柱と炭治郎とで総力戦で叩くのか、それとも無惨側にも援軍が来るのか。

手に汗握る展開が待っていそうです。

しかしながら産屋敷一族も怖いですね…。

自分が敵にとって一番の餌になるとわかっていて自分を囮にするところもですが、それに殉ずる妻と子…。

そこまでの長く、重い恨みがあったのか…とこの一族と無惨との関係性の重たさに少し怖くなってしまいます。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年ジャンプで連載されている鬼滅の刃の最新話である138話【急転】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です