ハイキュー334話【ネガティブ限界突破】最新話ネタバレと感想

今回は、週刊少年ジャンプで連載されているハイキューの最新話である334話【ネガティブ限界突破】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年ジャンプはU-NEXTを使えば無料で読むことができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

ハイキュー334話(最新話)ネタバレ

すっかり調子を取り戻した赤葦。

得点が決まってから次のサーブが放たれるまでの10秒足らずでは勝敗の行方を憂えたり過ぎたミスを後悔している暇はない、と頭を回転させます。

ローテから見る相手の出方の予測と自分のすべき事だけを考えて。

猿杙があげたボールを木葉は桐生に「取らせる」ようなボール運び。

攻撃のラインを予測してブロックが仮に抜かれたとしても待ち構えれる位置にすぐさま移動します。

鷲尾に上げたボールは狢坂に拾われてしまうもそれをそのままダイレクトで木兎が決めていきます。

絶好調の木兎。

そして迎えた木兎のサーブ。

会場は沢山の木兎コールと手拍子が鳴り響いています。

稲荷崎戦では稲荷崎が烏野のサーブの調子を乱すために行なっていたそれは、木兎にとってはご褒美でしかありません。

「世界が!!!俺に加勢している!!!」

そう、勢いに乗った木兎のサーブはノータッチで狢坂コートに突き刺さります。

そして梟谷が第2セットのセットポイントを迎えると、会場はさらに沸き立ちます。

選手たちにまでビリビリと振動を与えるような大量の木兎コール。

木兎のサーブ2回目も強烈でしたがしっかりと狢坂が上げてきます。

けれど桐生が打ち下ろしたボールは梟谷の二枚ブロックによってドシャット。第2セットは梟谷が取り戻しました。

桐生は厳しい顔をして呟きます。

怯えも焦りもなくただ自分の身体を思うまま操る

「楽しい」こそが「最強」なんや、と。わかっては、いるのです。

けれど、落ち込んだ様子を見せる桐生にチームメイトの頼もしい言葉が。

「楽しい」は作れる!!きっちい筋トレと練習次第で!!!

お前は全部やってきたけんな

そう言い切られた桐生は呆気に取られたような顔をして、「お前らは強えなぁ」とチームメイトたちを見上げます。

桐生は木兎に対してこわさを感じていました。

木兎のような男と戦えば自分の小ささを浮き彫りにされるから、と。仲間の鼓舞も期待も歓声もどこかプレッシャーに感じていたと。

自分に自信など全くない

でも

仲間に恵まれた自信はある

強い仲間がそこまで言ってくれるなら。

「逃げ出すくらいなら 自惚れろ」

桐生も、自分の殻を脱ぎ捨てます。

ハイキュー335話【夢中】最新話ネタバレと感想

2019.02.02
Sponsored Links

ハイキュー334話(最新話)感想

全国3本指に入ると言われるエースなのにここまで自信のない桐生と木兎さんだとそれは確かに相性悪いんだろうなぁと思います。

真反対のふたりです。

けれど桐生も仲間の言葉に覚醒したからには第3セットはこれまで以上に白熱するんだろうなぁ。

しかし、木兎さんの周りを巻き込むスタイルは一種のカリスマ性ですよね。

エースになるべくして生まれてきたような男です。

本当にこの戦いでは木兎さんがエースとしてこれまで以上に頼り甲斐があってかっこいいなぁと思わせてくれます。

第3セット、楽しみです…!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年ジャンプで連載されているハイキューの最新話である334話【ネガティブ限界突破】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です