ドメスティックな彼女215話【二人が一つだった頃】最新話ネタバレ感想

今回は、週刊少年マガジンで連載されているドメスティックな彼女215話【二人が一つだったころ】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年マガジンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

ドメスティックな彼女215話【最新話】ネタバレ

前回、瑠衣と喧嘩をしてしまったナツオは、家に帰ってきました。

すると、ヒナが出迎えてくれます。ヒナは遅番のため、まだ家にいると言うことでした。

しかし、今は瑠衣は先ほど出かけて行ったのでいないとのこと。

ナツオはあからさまに動揺してしまいます。

何かあったのかとヒナはナツオに聞きますが、ナツオは言いにくそうにするので、ヒナもそれ以上は追求しませんでした。

ちょうどその頃、喫茶店で瑠衣はマスターにナツオの小説が書けなくなっている状況を相談しているのでした。

一緒にいたフミヤも、ナツオのそんな状況を知っているのかとマスターに聞かれますが、今初めて知ったと答えます。

マスターは、フミヤにまで何の相談もないと言うことは、本人の中で相当深刻な問題なのだと言います。

それを聞いた瑠衣は、かなり気にしている様子で、フミヤもそれに気づいて、ナツオはみんなに心配をかけたくないから黙っていただけだとフォローを入れます。

瑠衣は、今のナツオにはもっと優しい言葉をかけるべきだったと後悔していましたが、サークルの人が自分以上にナツオのことを理解している風だったので我慢できなかったとこぼしてしまいます。

いつもこんなことで悩んで、自分はくだらないと、瑠衣は自分自身のことを責めてしまいますが、マスターは優しくみんな大体くだらないことで悩んでいると返します。

瑠衣は、ドラマや映画であれば冷静にどうすれば良いのかを判断できるが、自分のこととなると冷静でいられなくなることをかなり気にしていました。

それを聞いたマスターは、その気持ちは、好きと言うよりも終着に近いと言います。

そして、それが進んでいってしまうと、束縛や支配の欲求になってしまうと付け加えます。

瑠衣は、自分はそんな風になりたくないと、悲しい表情をします。

マスターは、瑠衣は優しいから大丈夫だと励まし、ちゃんと謝れば、元どおりの二人に戻れると言います。

そして、瑠衣は家に帰ってきます。そして家族と温かい食卓を囲むのでした。

夜、ナツオは瑠衣の部屋にノックして、起きているか聞きますが、返事が返ってこず、諦めて寝ようとします。

しかし、そこで瑠衣がナツオの部屋に入ってきて、一緒に寝てもいいかと尋ね、ナツオももちろんと答えます。

布団の中で瑠衣はナツオにもっと優しくしたかったのに出来なくてごめんと謝り、ナツオも自分も悪かったと謝ります。

そして瑠衣は、自分がナツオのことを大好きなのだと言うことを再認識します。

そして、瑠衣が帰る日になりました。瑠衣は少し早いけれどと、ナツオにバレンタインチョコを渡します。

そしてんナツオにキスをして、別れようと、ナツオに言います。

驚くナツオと、悲しげな瑠衣の姿がそこにはあるのでした。

ドメスティックな彼女216話【じゃあね】最新話ネタバレ感想

2019.01.26
Sponsored Links

ドメスティックな彼女215話【最新話】感想

仲直りができてよかったと思ったら、別れるなんて悲しすぎます!

好きだからこそと言う考えが、瑠衣の方にもあるのでしょうか?

とにかく、次号は必見です!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年マガジンで連載されているドメスティックな彼女215話【二人が一つだったころ】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です