BEASTARS(ビースターズ)115話【最新話】ネタバレと感想!

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されているBEASTARSの最新話である115話【今夜の我、あの子のよりもウサギらしい(さぁ食べて食べて)】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年チャンピオンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレ(114話)はこちら。

BEASTARS(ビースターズ)114話【最新話】ネタバレと感想!

2019.02.06

BEASTARS(ビースターズ)115話ネタバレ

麻薬バイヤーをぶちのめして英雄視されたレゴシは一つの事に気づく、

自分は草食動物が愛おしいだけの変態だったと。

そして日常へと戻りまたうどん屋でのバイトの日々。

「温玉ぶっかけの大 2番テーブルです」

「ハイよー」

「(草食獣に触れても禁断症状が起きなくなっている…)」

「(俺の身体は草食獣を食べたかったんじゃなくて 本当に ただ 草食獣とコミュニケーションがとりたかっただけなんだな)」

「(自覚って大事なんだな)」

「おつかれさまでしたー」

「(俺は純然な草食フェチ…!! そう考えると すべてに辻褄が合うし 自覚したからにはなるべく前向きな変態を心がけるぞ)」

「あ レゴシさん やっと帰ってきたわねー あなたにでっかい荷物 届いてるわよ」

「荷物!? 見に覚えがないけど…おじいちゃんからかな」

「警察署からお礼の品よぉ まさかコーポ伏獣の住人にこんな名誉が与えられるとはね 長生きはしてみるもんだわ」

「ほんとだ…茶封筒が添えてある」

…なんか 難しい文面でよく分からないけど…とにかく骨肉麻薬の売人を捕まえたお礼と アパートの前で騒々しくしたお詫びらしいです」

「「レゴシさんお手柄ね!開けてみて」

「(フーン…かえって悪いな こんなご丁寧に)」

「(こ…これは!!!)」

「お餅…!!!」

「大量の…お餅!!」

以下ナレーション。

「食に関する制約を日々 強いられる肉食獣の身体には 胃袋の満足感を与えてくれる炭水化物は重要なエネルギー源だ」

「食事は生きてることの証………いわば 獣むたちの〝存在証明〟をも担う行為」

「日々 持て余し気味の牙をフル活用すべくパンは硬いものを…米はもち米を好む肉食獣ちにとって〝餅〟はもはや嗜好品とすら言える高級な食材なのだ」

ナレーション終了

「うわぁ~…マジか…お餅がこんなの沢山…いくらしたんだろう この量 ちょっと申し訳なさすぎるよ」

「税金で食ってる奴らよ? こんな贈り物 屁でもないでしょう」

「管理人さん そんな言い方」

「正直にしっぽ振ってるレゴシさんも大概よ」

「…………」

さすがに食べ切れる量では無いので住民に焼いて配るとの張り紙をした。

「皆 来テクレルトイイネー」

「正直 柄じゃないですけどね… セブンさんのアイデアです」

「ご近所付き合いは大切よ! 私とサグワンさん以外にも知り合いはいた方がいいわ」

「管理人さんから七輪借りました これで焼けるはずです」

「ヒチリン?」

「七輪」

「サグワンさんは海出身だもんね 火は苦手?」

「初メテ ライターノ火ヲ見タトキハ怖クテ泣イチャッタヨ」

「(コーポ伏獣の他の住民さんたちはどんな生物なんだろう こんな治安が悪い所のアパートに住むって…皆それなりの事情抱えてそうだな 俺ほどじゃないにしても)」

当日。

「えーと…」

「とりあえず…お餅が膨らむまで自己紹介しますか?」

「そうしよう」

「ですね」

「フガ」

「賛成」

「焼けるのが待ちきれねエ こんないいもん分けてくれるなんて あんたいい奴だな!!」

「(レゴシくんが前科者っていう噂は既にアパートで広まってるんだから あくまでも社交的にね!)」

とのセブンさんからの忠告。

「(気 遣うな~)」

「じゃ…じゃあまずは」

「602号室ノオオワシトスナネズミネ? オ二方 同棲シテルノ?

ドユ関係?」

「(視界に入ってから俺がずっと気になってたことを!!」

「サグワンさんそんな急にに…」

「カップルとでも思った? なわけないでしょう」

「えへへー 俺はこちらのフィーナさんのヒモやってま〜す おかげ様で毎日朝食わしてもらってるッス」

「(うぅ…っ!? 危うい言い回し…ッ!!)」

「〝ヒモ〟!? あなたが養ってるの!?このオオワシさんを!? 女として聞き捨てなりません」

「そーよ 私は広告代理店でバリバリ働いてるもの」

「あなたも小柄だし分かるでしょ? 小動物が公共交通機関使うときの危なっかしさ」

「彼はいい加減な男だけど飛行免許もってて運転だけは超うまいの」

「今日は何時までに会社着いてりゃいいんだっけー‼」

「9時よ 今夜は女子会あるから23時に駅に迎えに来て あと私のマフラー クリーニング屋から受けとっておいてね」

「オケオケオッケ〜」

「快適な通勤は仕事のパフォーマンスも上げてくれるわ…危険を承知で養う価値アリよ」

…と、小動物タバコをふかしながら言う。

「ありがたいッスよマジで…危険だなんてもってのほか 俺だって…」

「一晩のご馳走よりも日々の衣食住の方が絶対 大事ですから」

「誰が一晩のご馳走じゃ 言葉に気をつけないといつでも追い出すからね」

「いやんいやん冷たい〜ずっと一緒に暮らそうよ〜〜」

「あんた親が泣いてるわよ…クチバシこっちに向けないで」

「……………」

「(子供が未知のものに触れたときの顔してるわレゴシくん)」

「あっ 餅くっついちゃう」

「うまいッスね…」

「海ニハ ナイモノ…ウマウマ」

「俺 これ もらっちゃいますね」

「あんこと醤油持って来たのでご自由にどうぞ」

「和犬ならではのチョイスですね」

「俺も自己紹介いいかな」

304号室住人。

「俺の名はエビス アルビノ(先天的に色素欠乏した個体)を患ったカラスだ 希少種として捕獲しようとする団体ブッいたします倒すために日々 鍛えてる」

202号室住人。

「僕はムギといいます 皆さん 大好きなシバイヌです カレンダーのグラビアが主な仕事で年末年始の収入だけで1年乗り切ってます」

201号室住人。

「ポーグといいます ツキノワグマであることを隠してウサギの小説家として執筆しています ネットには書かないでね」

403号室住人。

「ヨークシャーブタのオイゲンです 美しい生き物の造形を愛する剥製師です……仕事の依頼ならいつでもどうぞ」

そして504号室住人。

「ハイイロオオカミのレゴシです 食肉の前科持ちで…今年高校中退島下」

「私ゴマフアザラシノサグワン 陸ノ書物ヲ海洋語ニ翻訳スル仕事シタクテ勉強中ヨ!」

「偉いじゃん」

「(俺このアパートの中じゃ全然フツーだ…)」

「メリノヒツジのセブンです…スポーツ用品メーカーで働いています」

「まともすぎる!!おかしいぞ あんただけ」

「ちがうから ここの住人が皆おかしすぎるのよ!!」

「あんたも猛禽類のヒモ飼ってないのか?」

「レゴシ」

「はい」

「陸ハ 本当ニ面白イ所ネ」

「思イ切ッテ海カラ出テ良カッタヨ ワタシ」

「俺もです」

「思い切って学校から飛び出して良かったです」

「(前科を抱えたまま学校をやめて孤独な貧乏暮らし…一時はどうなるかと想ったけど)」

「(一生懸命 生きてれば自分の居場所って自然と見つかるものなのかも)」

「明日のバイトは朝5時入りろ目覚ましセットして…と お給料入ったばかりだし卵買っちゃおっかな」

「分けたとはいえまだ結構お餅あるし…警察署にはかんしゃだな ん?」

「(底に手紙が)」

「立派な封筒だ」

「ヤフヤ…… …? 誰だろう」

BEASTARS(ビースターズ)116話【最新話】ネタバレと感想!

2019.02.14
Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ)115話感想

まずはアニメ化決定おめでとうございます。

深夜枠でしょうね…もしかしたらノ◯タ◯ナ枠かも…現行作品とは賞レースを争っていましたから。

肉食が刑罰に当たる世界ではお餅が高級肉ノ詰め合わせみたいな物なのでしょう。

オオワシのライカ、…昔懐かしいアッシー君ですねかれ。

車ではなく自力飛行なのでかなり便利かと思います。

そして骨肉麻薬の売人を叩き潰したことで現ビースターのヤフヤに見つかったと…

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されているBEASTARSの最新話である115話【今夜の我、あの子のよりもウサギらしい(さぁ食べて食べて)】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です