六道の悪女たち135話【番長の覚悟】最新話のネタバレ感想

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されている六道の悪女たちの最新話である135話【番長の覚悟】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年チャンピオンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

六道の悪女たち135話ネタバレ

バレンタインチョコを持ってきた元不良グループの鬼島連合の菫雷乃は六道桃助に自分の通う針蔵高校と六道の通う亞森高校両方を仕切る最強の番長になってほしいという7等々なお願いをしに…

かねてから不良高校2トップと言われていた 亞森高校と針蔵高校 この二校は常に闘いを繰り返し どちらが強いかを競い合ってきた。

そしていま現在…勢力は完全に亞森の方が上となり 闘いは落ちついているが 針蔵は敗北を認めていない。

「えっ…!? 針蔵高校が…!?」

「そうなの…」

「襲われる理由やチームの正体はわからないけど…とにかく針蔵の生徒だけが狙われてる こりままじゃ針蔵高校どうなるか…!!」

「わかった!! 僕 亞森の皆に相談してみるよ」

「本当!? ありがとう六道!! 最強の番長になってくれるのね」

「言ってないよ!!」

「雷乃さんそれどういうこと!? なんて亞森が針蔵に協力するりに… 僕が最強の番長ににらなきゃいけないの!?」

「だって針蔵と亞森が仲悪いのは知ってるでしょ?」

「!  あー…それは聞いたことあるけど…」

「だからこの二校を結託させるためには 亞森と針蔵の両方をまとめる人間が必要なのよ」

「私は六道しかいないと思う!!」

「いや…!! 理由はわかったけど僕には無理だよ…!!」

「………あ…ゴメン 勝手なこと言って…」

「うん…協力はするけどさ…」

「鬼島連合のあと亞森を出ていくことになって… 亞森から転校する私たちを入れてくれる学校は針蔵高校しかなかった」

「ねぇ風乃…私たち一回針蔵シメてるよね…!!」

「だから言ったろ姉ちゃん 友達は期待しない方がいいぜー」

「(だよね~…やっぱ厳しいか…)」

「あ!! 菫姉弟だ!!」

「!」

「本当に来たぞ…!!」

「よくきてくれたなぁ!!」

「今日から仲間だぜ!!」

「針蔵はまた強くなるぞ!!」

「メイク得意なんスよね!!」

「教えてほしいっス!!」

「お前ら学校 案内するぞ!!」

「こっちこっち!!」

「(針蔵のみんなが私たちを受けて入れくれたおかげで 私たちは楽しく学園生活を送ることができた)」

「私…!! みんなを… 針蔵高校を守りたい…!!」

「(私…楽しい学園生活に憧れてたんだ もう 亞森高校にはいられないけど 今度は自分で楽しい学園生活を造りたい!!)」

そのかつての雷乃の願いを思い出した六道は。

「今…汲み取れた気がするよ 雷乃さんの気持ち 僕も理想の学園生活のために戦ってきたんだ 最強の番長にはなれないけど… 絶対に守るよ 雷乃さんの

楽しい学園生活」

「…うん ありがとう六道」

「えへへっ…!! なんか涙出てきちゃった…!!」

「ええ!? な…なんて!?」

「(ずっと会ってなかったのに…六道は私の気持ちをちゃんとわかってくれた 私 今でも 六道のことが大好き)」

そして六道は菫姉弟と飯沼、幼田をファミレスの呼んで事情を説明していた。

「話はわかった だかクロムサムなんてチーム 俺は知れねぇよ」

「ごめんね…!! せっかく久しぶりに会ったのにこんな迷惑な話で…」

「いいんだ雷乃 元気そうでよかった」

「うんっ 幼田さんも」

「風乃のもらいっ」

「取ってこいよ ドリンクバーだぞ」

「それで…飯沼くんはどう思う?」

「なんだかな~ お前らは仲間だし助けてはやりてぇんだけど… 針蔵の奴らは亞森の助けなんていらねぇって言ってんだろ? そんな奴らが助けんのもな~」

「いいだ別に!! 姉ちゃんが頼んでんだぞ!!」

「針蔵の連中…亞森のこととなると意地張ってよォ 俺らが何言っても聞かねぇんだよ…」

「ごめんね飯沼…うん…飯沼の言うとおりだと思う もう一度 針蔵のみんなを説得してみるよ」

「いや…!! う~~~ん…」

「(雷乃は男のイメージの方が強いから調子狂うな…!!)」

「ダメってわけじゃねぇんだけど…」

「いいの飯沼…!! 失礼なお願いだった」

「あいわかった!!」

「!」

「針蔵高校に行こう あたしが番長として針蔵高校の番長とお話するよ」

「マジかよ…」」

「幼田さん…!」

「困ってる人がいたら助けるのが番長なんだ 猫が捨てられてたら拾うのが番長なんだ」

「別にいいんだ 褒めてもらわなくたって」

「(ヤベェ…カッケー…)」

「幼田さん…!!」

「飯沼は嫌だ?」

「……!!ズリー… わかったよ行くよ…!!」…

「それで…今 針蔵の頭は岡森なのか?」

「そうだな 俺らが頭みたいに言われてるが…実質 針蔵を仕切ってんのは 岡森譲也だ」

「よし…!! 決まりだね!!」

「(二人に相談してよかった…!! 僕も気合入れなきゃ!!)」

「針蔵高校に行こう!!」

飯沼は真面目そうな格好。

「なんだこれは聞いてねぇぞ!!」

幼田は学ランの不良番長。

「あたし男の子になっちゃった!!」

六道はセーラー服。

「雷乃さん風乃さんどういうこと!?」

「そのまま針蔵高校に行ったら間違いなく喧嘩になる 岡森に合うまでは 別人になってもらう」

六道の悪女たち136話【不良のオールスター】最新話のネタバレ感想

2019.04.11
Sponsored Links

六道の悪女たち135話感想

鬼島連合の頃は姉の雷乃は男装、弟の風乃は女装というややこしい姉弟なので卓越したメイク術を持っていた。

…それを変装に使って…

飯沼、幼田、六道の三人は針蔵でも顔を知られそうだからこんなこととを。

それと。

クロムサムに同じ元鬼島連合の椰子谷唯がいることをどうも知らないようですね。

椰子谷はドSなので六道の悪女を惚れさせる術が利いていても攻撃してくる天敵みたいな相手なのに…前シリーズでカンフー会得しているから前回の抗争よりはまだましだと思いますが。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されている六道の悪女たちの最新話である135話【番長の覚悟】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です