隣の悪女42話【最新話】ネタバレと感想!

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されていた隣の悪女の最新話である42話【蠱惑的な復讐】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊ヤングジャンプはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前にこれまでの話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレはこちら。

隣の悪女41話【最新話】ネタバレと感想!

2019.03.28

隣の悪女42話【最新話】ネタバレ

花音は自分の目的は桐太と島袋を殺し、二人の家族も殺し、最期に亜里子を生き地獄へと落とすことだと話します。

そのために二人の警戒心を解き、懐柔しつつ亜里子の大切なものを全て奪うことにし、鳥と桐太を捨て身で手に入れようとしたが桐太はなかなか靡いてくれずに苦労することになったと花音は話します。

そして花音は、並行して二人の家族を殺す機会をうかがい、島袋のバイト先に客として近づいて友達になったのでした。

そこで島袋の実家の相談にも乗ることになり、島袋の父が母にするDVを利用して夫婦を殺害することにしました。

まずは母に自分は父の浮気相手で再婚を望んでいると誤解させるよう仕向け、母の情緒が不安定になるよう促し、それに呼応して父の癇癪を促進させ母を殺害させ、それから我に返った父は自殺をするようにさせました。

そこまで話したとき、花音はこんなにうまくいくなんて、自分が関与せずとも夫婦は同じ道を辿っていただろうと話します。

そして、花音は桐太と亜里子をどうしていったかを話します。ほどなくして桐太と亜里子が半同棲をやめて桐太は花音と距離を置こうとしたので、花音は桐太の原付に細工をして事故を起こすよう仕向けたのでした。

もし生きていれば、近くで唯一空きのある自分の勤める病院へ運ばれるように仕向け、距離を置けなくしたのでした。

そして肉体的、金銭的不安から生じた桐太のスキを見つけ、同時に亜里子にも取り入ったのでした。

そして亜里子と桐太の破局後はなにも知らない島袋から相談が来たので、助言という形で完全な破局を促し、島袋には自分は心中事件で近づいたと伝えて連絡を絶ったようです。

それから島袋は花音の真実をしろうと花音を探しだしたが、桐太には心配を見つけせないよう、話さなかったようです。

それから花音はようやく桐太を手に入れ、退院後は桐太を騙し、亜里子の隣の部屋で同棲を開始し、それを亜里子に伝えて偽造した花音と桐太の婚姻届を見せつけて花音は亜里子からベランダから突き落とされたフリをして犯人にしたてあげ、亜里子から全てを奪って生き地獄へ落としたのでした。

しかし、亜里子は自分が関わらずとも自らで孤独になっていただろうと花音は続けます。

なぜなら亜里子は他人に共感を求めるのに自分の共感能力は低く、依存と信頼、優越感と幸福感の違いすら分かっていないようだったと語り、ありのままの自分を愛せていないので不安定な亜里子は信頼関係を維持できず、刹那的にしか相手を愛しておれず、年を重ねて自覚が進めばさらに耐え難くなるだろうと花音は話します。

花音は亜里子はそろそろ持たなくなって自らの命を絶っているかもと話し、島袋も罠にかけて、桐太の実家にも毒草を植えてきたと話します。

今ごろは桐太の家族もきっとボロボロで、ようやく自分の復讐は終わると花音は話を締めます。

一方、数日前に亡くなったと思われていた亜里子は、なんとか一命をとりとめていたのでした。

Sponsored Links

隣の悪女42話【最新話】感想

まさか、花音の犯行がものすごい完全犯罪で驚きました。

それほどまでの執念と、年数を重ねて、時間のかかるような方法でも殺意の劣化がおこらなかったことには本当に驚きです。

次回、一命をとりとめた亜里子も物語に復帰するのか、見所ですね!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されていた隣の悪女の最新話である42話【蠱惑的な復讐】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です