バトゥーキ35話【最新話】のネタバレと感想!

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているバトゥーキの最新話である35話【武蔵大杉フェスティバル】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊ヤングジャンプはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレはこちら。

バトゥーキ34話【最新話】のネタバレと感想!

2019.04.06

バトゥーキ35話(最新話)ネタバレ

小学生達がサッカーをしており、木の幹の皮が剥げているのを発見します。

ボールをぶつけたからなったのかと疑問に思いますが、あまりにも滑らかに削られている木の幹を見て、何十日もぶつけなければこんな跡は出来ないと考えます。

その木の幹を削った人物は一里で、何回も木を蹴ってトレーニングしていたのでした。

一里は更衣室で前回の戦いでの腹部のダメージが完全に消えて、治っているのを感じていました。

そして今夜だと一人決断します。更衣室で一緒に着替えていた女性に一里は声をかけられ、ポニーちゃんが一里がホーダに入らないため、睨んでいたことを話すと、一里は今夜はとても大切な用事があるため体を傷つけたくはなかったと話します。

そして、一里達はかえりますが、武蔵大杉ではフェスティバルが開かれていました。

一里もその祭りに参加していたのですが、友人達とはソースせんべいを買ってくると言って別れたきりなかなか戻りませんでした。

一里は射的をやっており、「う」の的に当てたため、うんちのキーホルダーを貰っていました。

そこへ純悟と栄子が合流し、そのまま行動を共にするのですが、前回ターゲットに決めた人物が金魚すくいをしており、一里はその人物を視界にとめます。

その様子をみた純悟は一里が倒すと言っていた人物だと気がつき、当のターゲットの男性本人は一里の視線以上に、武蔵コスの祭り参加者を利用して何か良からぬことをしようと考えているのでした。

一里は怪しい焼きそば屋の人物を見て、おじさんに良く似ていると声をかけますが、髭が白くないので別人だと思い、BJの話を思い出します。

自らターゲットをリサーチしていると急遽戦闘になる場合もあるかもしれないため、イヤホンをしてターゲットに近づくことを知らせておけばキャメラマンはBJが用意すると話していることを思いだしました。

一里はおじさんだと思っていた人物がキャメラマンだと理解して、男性をおって戦おうとしますが、男性を見失ってしまいますが、キャメラマンがどちらにいったのかを教えてくれたので、なんとか追うことができます。

一向、純悟は一里が裏で何をやっているのか分からないから、ターゲットの人物に直接聞いてみようと、ターゲットの人物に声をかけてみると、腕を捕まれて合気道で投げ飛ばされてしまいます。

しかし純悟も蹴りを返し、頭に一発入れて反撃しますが、お互いに怪我をおってしまいます。

純悟はいきなり何をするのかと聞きますが、コスプレして暴力はお祭りに相応しくないと、男性は叫びながら純悟に向かって行きます。

純悟は何度も投げ飛ばされそうになりますが、そのたびにカポエィラで蹴りを返し続けます。

一方、一里は結局ターゲットを見失ってしまい、前の店で栄子とラーメンをすすりながらターゲットが店に現れるのを待っていました。

そうしていると、ターゲットの男性はラーメン屋に現れ、バカを退治したから美味いラーメンをくれと言います。

バトゥーキ36話【最新話】のネタバレと感想!

2019.04.21
Sponsored Links

バトゥーキ35話(最新話)感想

次回はついに一里が戦うようになりそうですね!今回は純悟と戦っていましたが、ターゲットの男性が店に表れたということは純悟はやられてしまったのでしょうか、気になります。

店の前には例のポニーちゃんもいたので、どのように物語が転がっていくのか、注目です!

次回も楽しみにしておきましょう!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているバトゥーキの最新話である35話【武蔵大杉フェスティバル】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です