バトゥーキ37話【最新話】のネタバレと感想!

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているバトゥーキの最新話である37話【ビンバのセクエンシア】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊ヤングジャンプはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレはこちら。

バトゥーキ36話【最新話】のネタバレと感想!

2019.04.21

バトゥーキ37話(最新話)ネタバレ

国語の授業中、一里は心ここに有らずといった様子で、先生に当てられても小さく分かりませんと答えるだけでした。

それは授業時間が終わっても、小さく分かりませんというだけで、何かをボーッと考えている様子でした。

相田に配給が小さくなっていると言われた一里でしたが、合気道のことも調べたと相田に言われると、前回倒した稲荷のことを思い出して、また羚に言われた言葉を思い出して、相田に対してもうるさいとだけ返してしまいます。

そして一里はひとり屋上へ行き、早くここから抜け出さなくてはと考えます。

そのとき、一里のスマホにメッセージが入ります。

内容は、今日の流亜のレッスンに出るのかということ。

一里は少し考えますが、「行く」と短く返して、何か決心をしたような表情になります。

レッスンの会場に着いてみると、そこにはハイテンションな流亜の姿があり、ハーレの歌声につられて、新たなメンバーが増えると聞きます。

また、グループレッスン用の公民館もレンタルしており、大きなレッスンをするようでした。

そして、カミーザと呼ばれるメンバーのシャツと、カウサと呼ばれるズボンが完成したので、一里達にもそれを配られ、早速着替えてレッスンに入ります。

この日のレッスンはジンガという新たな動きをやるようで、ハーレと流亜でお手本を見せてくれます。

まず、流亜の蹴りをハーレが避け、身を低くしながら相手の足を払うという一連の動作を、目にもとまらぬ早さで行ってくれました。

流亜に今の動きを説明してみてと言われたハーレは、ビンバのセクエンシアで、カポエイラにおける攻防一体の型だと説明をします。

それからは、各々練習をして、一里は純悟と練習のペアを組むことになります。

そのとき、一里は純悟の額の傷を見つけ、祭りでケンカでもしたのかと尋ねると、純悟は妙な合気道のやつとやりあったと答えます。

その一言で、一里はずっと家にひとりでいることや、財産を守るために戦っていることが皆にバレたらどうなってしまうのかと、急に不安になってきてしまいます。

家だけでなく、外でも自分はひとりぼっちの存在になってしまうと感じますが、BJからの連絡で、自分をひとりにすらしてもらえないのだと一里は再確認してしまいます。

BJからの連絡の内容は、またいつものワークショップなのでした。

次の日学校で、一里のことをみたことあるかと、不審な男性が女子学生に声をかけていました。

そして校門では羚が一里のことを待ち伏せており、一里はひとりでないことを喜ぶべきなのか、そうではないのか迷いながら物語は次回へと続きます。

バトゥーキ38話【最新話】のネタバレと感想!

2019.05.09
Sponsored Links

バトゥーキ37話(最新話)感想

バトゥーキでは、一里がBJのワークショップで敵を倒しても、一里が精神的にダメージを受けていくという描写があり、罪悪感に苛まれながらも家族や財産のために戦うというのが面白いです。

次回、一里と羚はどうなっていくのか、期待ですね!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊ヤングジャンプで連載されているバトゥーキの最新話である37話【ビンバのセクエンシア】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です