弱虫ペダル517話【5月の水族館】最新話ネタバレと感想!

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されている弱虫ペダルの最新話である517話【5月の水族館】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年チャンピオンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

下記の記事では漫画を完全に無料で読む方法を紹介しています。

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

弱虫ペダル517話(最新話)ネタバレ

インターハイの3ヶ月前に再開していた小野田坂道と真波山岳。

ピエール監督

「レース帰りノ僅かな時間デスが」

「リフレッシュ 楽しんでマスかねぇ皆さん」

「一生懸命やるコトは大切デスが ソレばかりだと疲れテ前に進めなくなってシマイマス」

「自然の中にいるコト 自分の足で歩くコト」

「自分の頭で考えるコト」

「自転車ヲちゃんと好きでいるコト」

「時々休むことも大事デスヨ」

「ハハーそれにしても日本のこのレモンソーダと抹茶ラテの組み合わせはサイコーに美味しいデスネ」

「ハハー ムーニガ味がたまりマセン ハッハー 組み合わせの妙というヤツデスヨ」

「自転車はよく人生に例えられマス」

「人生を豊かにオモシロくするのに必要なモノは 2つ」

「アイデアと━━━」

「出会いデス」

「真波くん? えっ」

「へ? 坂道くん?」

異口同音「「何でここにいるの?」」

「「声が揃った」」

真波「あははは「揃った」まで揃った!!」

坂道は「あわわわごめん声合っちゃった」

妙に気が合う2人。

「ほ…」

「本人…だよね真波くん」

「はは キミこそ! すっごいね━━こういうことあるんだね」

「偶然だね」

「雪の日の━━冬からずい分会ってないからか…すごく真波くんが大人っぽくなったように見えた」

「坂道くんも 何か大人っぽくなったね」

お互い同じことを思って。

「そういえば一年生はたくさん入った? 練習してる?」

「うん たくさん入った」

と他愛もない話から…

「インターハイだね夏になったら」

「出るでしょ?」という真波の問いかけに。

「うん…そのつもりだけど まだ入れるかどうかは…メンバーはまだ決まってないんだ」

「手嶋さ…キャプテンが決めるから」

それに真波は「じゃ 出たらさ」

「やろうよ勝負」と持ちかける。

それに坂道は「うん」と答え。

真波も「うん」と返す。

「期待通りの答えだね」

「どこにする?」

「どこ?」

「コース発表になったでしょこの間」

勝負を楽しみにしていたのか真波は決めるのが早い。

いろは坂、金精峠、そして榛名。

「あ 榛名山……」

「そう2日目最後 ここホラ」

「山岳賞」

「想像すると燃えてきちゃうよね」

「うん 大変そうだけど楽しそう!!」

「そういえば携帯(これ)使うんじゃなかった」

「はっそうだった!!」

「えーと今泉くんの番号…は」

生徒手帳にも電話番号書いて。

「今泉くんと鳴子くんと来てるんだ実はここ!先輩たちは違う場所にいってて あのリフレッシュで…」

「リフレッシュ?」

「うんレースの帰りなんだけど」

「ピエール先…監督さんが気を遣ってくれて」

「いつもニコニコしてて何も言わないけど」

「ちゃんと大事なところは見ててくれてる感じがするんだ」

「へぇ…あのカントクさんか やっぱり今年の総北も」

「ちゃんと手強くなりそうだね」

真波の携帯を使ったせいで今泉には知らない番号だと切られたけど、鳴子はちゃんと聞いてくれて坂道は合流できるように。

そして真波は「ワクワクしてるよオレ」

「そしてこのワクワクは自転車の上でしか解消できないと思ってる」

「この偶然を必然にしようよ 坂道くん」

「待ってるよ インターハイの━━━━自転車の上で その時をオレは!!」

「たとえどんな状況でも━━10mでも1mでもいい やろうよ勝負」

「出しおしみのない勝負を」

それに坂道は「うん‼」と力強く答える。

真波はスケッチの課題のために水族館に来ていた、本当の偶然だった。

そして時間は現在に戻り。

「あの日の約束覚えてる!? オレは━━」

「今 すごくワクワクしてる」

「3日間走ってきて 今が一番だ!! キミは!?」

それに坂道は「ボクは━━3日間走ってきて」

「一番━━━」

「ドキドキしてる!!」

「あの日の偶然が ここでようやく必然になったね」

Sponsored Links

弱虫ペダル517話(最新話)感想

小野田坂道は入部してからの最初期くらいしかなかったピエール監督がきちんと選手を見て気配りしていたことに一番の驚き。

真波山岳もピエール監督のことを高くかっているということも。

連戦連勝でこのインターハイに挑んできた真波にとっては、範馬勇次郎風の表現ですが。

喰いごたえのある相手になっていることを喜んでいるようにも。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されている弱虫ペダルの最新話である517話【5月の水族館】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です