BEASTARS(ビースターズ)105話【最新話】ネタバレと感想!

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されているBEASTARSの最新話である105話【食べられる運命の男】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年チャンピオンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレ(104話)はこちら。

BEASTARS(ビースターズ)104話のネタバレと感想!

2018.11.01

BEASTARS(ビースターズ)105話ネタバレ

チェリートン学園、学園長はルイに持ちかけた話。

「僕が…青獣ビースターに?」

学園長は続ける「そういうことになる」

「評議会で決めていたことなのだ」

「“あの食殺事件”を解決した生徒をこの学園の名を背負った青獣ビースターに…とね」

ルイの返答は「そうですか…ならば」

スソを捲りあげて義足を見せつけ。

「その称号はこの足を食った男に与えられるべきですよ」

「学園長」

その足に引きながら「……ッッ‼そ…そういうわけにはいかないのだ…‼(痛々しい…)」

「そのレゴシくんは退学して姿を消してしまったし…」

「事件解決のためとはいえ…食肉を犯した生徒を学園のトップに君臨させるわけにはいかん」

「警察がもみ消すほどに…」

「君らが取った行動はあまりにも若くて…大人には刺激が強すぎる」

ルイの返答は「…理解はできますよ」

「僕1匹が片足失いながら食殺犯のリズくんに立ち向かい事件を解決したとろ表向きはそれでよろしいですね」

「(足を食わせた上に…)」

「(最後まで この俺が…あのバカ犬の尻ぬぐいをするわけだな⁉)」

「ですが そんな作り話の上で青獣ビースターを名乗る気はありませんよその称号は僕もレゴシもお断りします」

とルイは丁重にお断り。

学園長も「…まぁ君ならそういうと思ったよ 」

「君が休学中に何をしていたのかシランガナ最後くらいは卒業生代表の挨拶 しっかり頼むよ」

「(あぁやるさ)」

「(いくらでも)」

「(“優等生”の演目は最後までやりきる)」

「(あいつは闇の獣に)」

「(俺は光の獣に戻っだんだ)」

「我々卒業生はこのチェリートン学園が母校であることを誇りにし」

「これからも全生物共存共栄を信条に生きていきます」

「(卒業式の合間に何度もハルを捜したけど)」

「(あいつは小さすぎて 最後まで見つからなかった)」

「結局我が校に青獣ビースターは現れず…ですか」…と副学園長。

学園長はそれに。

「本当に公にできないことが悔やまれるほど 私はこの事件を解決に導いた2匹の功績は素晴らしいと思ってるよ」

「亡くなったテムくんも…ようやく報われたはずだ」

ルイは花が手向けられたその事件現場に一人佇む。

それに声をかける「ル イ 先 輩」ジュノ。

「ご卒業…おめでとうございます」

「あぁ…ありがとう」とルイは返すが。

「今 あからさまに「なんだジュノか…」って顔したでしょ すいませんね期待にそえなくて」

「ちがうちがう 君とはなんて言うか…因縁ができてしまってどういう顔をしたら良いか分からないだけだよ」

にジュノは「因縁?」

「俺が半年ほど裏市でグレてたのを知ってるのは学内で君だけだからね」

ジュノは呆れ顔で。

「もう…ルイ先輩の不良行為といいレゴシ先輩の退学といい 男の子って反社会的になることが格好いいとでも思ってるの? バカみたいよそんなの!」

ルイの「ジュノ…君 義足見たことあるか?」

ジュノは「えっ!? な…ないです」

「見るか?なかなか興味深いぞ」

「わわわ…すごい…これで歩けるんですか?」

「リハビリ重ねれば思ったより不便は感じないよ」

「(ビックリした…どうして私に見せてくれるんだろう)」

「(思えば私たち…他の誰にも見せないような面を いざ2匹とだけになると お互いさらけ出し合ってきた仲だ)」

「シ…シカは年に一度ツノが生え変わるんだ だから身体の欠損くらいで大騒ぎはしないし…俺は何も怖くない」

「(そう…そして)」

「(いつも こんな風に大人と子ども2つの顔を…くるくる切りかえて)」

「本当だ」

「(目が離せない)」

「…だからそんな憐れんだ眼で見るのはやめろよ」

「(何よ)」

唐突にジュノからルイにキスを…

本人も意外なようで。

「ごめんなさい私…私に!! 今のは直下無かったことに!!」

「あぁいいよ俺も忘れる」

「いやちょっと忘れるってなんですかぁ私のファーストキスですよ!?」

「君が言ったんだろ君が」

「落ち着け 俺はオオカミの情の厚さと強引さは嫌というほど知っている!!」

「黄身も五体不満足の総植樹にも情深いオオカミでいたくて俺にキスをしたんだ 実際キミの心は充分優しいよ 問題ないだろ!!この話は終わりだ」

「どうしてそんなこと…私……傷つきます」

「(傷つけるために言ってるんだよ)君がそこまで計算ずくでキスしたとは言わないが…そういう深層心理から起きた行動ってコトだ」

「(ロクなことが起きないんだよ!)」

「(異種族恋愛に目覚めると…どれだけ厄介なことになるか)」

「(レゴシのようにウサギに惚れた上で自分の道を突き進める図太いおとこは稀だ)」

「(君には社会のはみだし者になってほしくない…ジュノ)」

「…………じゃ…学園生活しっかりやれよ」

「(そうだろ レゴシ)」

「(教えてくれよ レゴシ)」

「(なんなんだよ)」

「(異種族恋愛ってなんだよ!?)」

「(「落ち着け」は俺の方だろ!!緊張しすぎだキスぐらいで!!)」

「(あれだ…あれのせいだ 口の薄い皮を隔てて当たった硬い感触! 彼女の“犬歯”の存在感がすごすぎて そのせい…!! そのせいで緊張しただけだ…そうだろ!?)」

BEASTARS(ビースターズ)106話【最新話】ネタバレと感想!

2018.11.15
Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ)105話感想

チェリートン学園に戻ってきたルイ先輩は恐ろしげなオーラを纏った牡鹿からそれを演じるだけの普通の青少年になってしまったのですね。

…ハルとは肉体関係まであったというのにジュノとのキスだけで動揺する姿はなんかかわいい。

来週もどうなるか楽しみです!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されているBEASTARSの最新話である105話【食べられる運命の男】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です