BEASTARS(ビースターズ)106話【最新話】ネタバレと感想!

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されているBEASTARSの最新話である106話【月光をも反射してしまう鱗の瞬きよ】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年チャンピオンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

前回のネタバレ(105話)はこちら。

BEASTARS(ビースターズ)105話【最新話】ネタバレと感想!

2018.11.08

BEASTARS(ビースターズ)106話ネタバレ

幼い時のレゴシと祖父ゴーシャ。

ベッドの上でのこと。

「…また眠れないのか?レゴシ」

「うん…おじいちゃんもまだ寝ないで」

「まったく6歳にもなってお前は……じゃあじいちゃんのベロ一発芸“大縄とび”」

長い舌を器用に動かしているが…

「……うん」

「見飽きちゃったか…何か おはなしかてやろうか?」

「いい」

「おじいちゃんの手 握りながら寝る」

「…いいけど…温かくもないし硬いだろうにこんな手…」

「いいの うろこが全部きれいな石みたいでわくわくする」

鱗に覆われた祖父の腕に頬ずりをして…

以下モノローグ。

「(この孫と私…2匹の間には暗黙のルールがいくつかあった)」

「(飲食店では必ず出入り口から遠く人目につかないテーブルを選ぶこと)」

「(私は自分専用のカトラリーとストローを持参すること)」

「(銭湯などはもちろん プールやレジャー施設は立入禁止)」

「(すべては私が 毒を持つコモドオオトカゲが差別の対象だからだ)」

そして時間は現代に戻って。

レゴシは「この席でいいでしょ」

「ん!?」

「混んでないんだし…そんな奥の席に行くことないと思うよ」

レゴシの言葉に戸惑うゴーシャ。

「(おいレゴシ…5年のブランクで忘れたのか!?私たちのルール)」

「いやいやでも」

「ずっとおかしいと思ってたんだ おじいちゃんは何も悪いことしてないのに暗い席に座ること…」

「(小動物と目線を合わせ)」

「(爪を隠す肉食獣の基本姿勢をとり)」

「だんだん暖かくなってきたね」

「(なんと気候の話題なぞ降ってきて…)」

「「少し見ないうちに…孫の成長とはこんなにも早いものなのか)」

祖父驚愕。

「私のせいか!?」

「何が!?」

「高校中退したのもそんな顔の模様が変わるほどデッカい傷つけてるのも‼お前の非行も私のせいだろ!?」

孫に申し訳ない気持ちを持ち続けて…

だがレゴシは「ちょっ…ちがうよそんな…中退のことは…黙っててごめんなさいだけど」

「育児放棄したお前の母親の代わりに育ててきたのは私だ 私以外に原因があるとは思えない」

「世間の私に対する差別に巻き込んでキたしろそりゃグレる気持ちも分かるが!」

「でも私は」

祖父をなだめるようにレゴシ「平和主義…だよね 俺はずっとおじいちゃんにそれを教えられてきた」

「(どんな時も あなたが笑ってくれていたおかげで)」

「俺は自分が可哀想だと思ったことなんて一度もなかったよ おじいちゃん」

「そ…そうだな 平和主義な!そんなことばかり教えてきたなァ」

「えっもしかして それ…老眼鏡!?」

「そうだよ…私も もう今年で54だ」

「そ…か…周りよりは若いおじいちゃんなんだろうけど…」

「もう若くもないさ」

「(これでいいんだ )」

「(特別な会話なんてする必要ないんだ)」

「(久々の再開なんだから楽しく)」

…祖父との会話に安らぎを感じていたところに…

「なんで“毒持ち”が堂々といい席とってんだ?」

…と絡んでくる猛禽類たち。

「満席だぞじいさん」

「店内をガス室にする前に さっさとそこ どけよ」

その言葉にレゴシの顔つきも変わりました。

「どこう レゴシ…おいレゴシ!」

「よく聞こえなかったんですけど」

「空気感染でもするんですか?オオトカゲの毒は そんなわけないでしょう」

と猛禽類たちに食って掛かる。

「やんのかコラ」

「やってもいいですけどね」

またも祖父驚愕。

ワニの店主によってケンカになる前に止められたましたが。

見せを出て孫を叱るために裏路地に入り。

「じいちゃんはガッカリだぞ!!やっぱり飛行に走ったんだろ お前…さっきの風体はまるでチンピラだった」

「いや だって…ああいう時に引き下がるのはやっぱりおかしいって! 俺だって17だし子どもノ時みたいに見てるだけじゃいられないよ」

「今だってまだ子どもだろろ分不相応なことを言うな」

「こっちは54年差別されてきたんだぞ…もう慣れてる!受け流すんだ “平和主義”のコトバの重みがお前に伝わらんかったか!」

その路地に待ち構えていたさっきの猛禽類たち。

「さっきはよくも恥かかせてくれたな…お前ら わざわざこんな奥まった路地に入り込んだつーことは 何されるか分かってるな」

「薄気味悪いコンビがよ‼」

とレゴシを荒々しく押した相手の手を…

「孫には 手を出すな」

ゴーシャの爪は引き裂く…

「柔い羽毛だこと」

「毒牙にかけないだけ感謝しろ まだ説教が終わってなかったなレゴシ」

自分よりも恐ろしい顔を見せた祖父にレゴシは驚く。

「子どもといえどろお前も少しは男らしさが備わったようだからそろそろ教えよう」

「口酸っぱく言ってきたこのポリシーには拾が続きがあってな」

「“平和主義”大変結構」

「そしてそれは強い者が唱えてこそ…意味を持つのだ」

「(見たことのない姿のはずなのに……この時)」

「(この時 俺は)」

「(ようやく祖父と再会を果たした気がした)」

「説明はこいつらを片付けてからだ お前も手伝うかね」

BEASTARS(ビースターズ)107話【最新話】ネタバレと感想!

2018.11.22
Sponsored Links

BEASTARS(ビースターズ)106話感想

肉食獣と草食獣の関係以上に忌避され、差別されてきた有毒生物。

ゴーシャはそれを甘んじて受け入れている顔は怖いけど好々爺という雰囲気だったのに。

壮獣ビースターのヤフヤと同じくまだ若々しくも荒々しいところを残しているんですね。

それと・・・BEASTARSの登場人物の年齢は元になった動物を問わずに一律で人間と同じくらいの寿命みたいですね。

来週を楽しみにしておきましょう!!

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されているBEASTARSの最新話である106話【月光をも反射してしまう鱗の瞬きよ】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です