弱虫ペダル519話【先輩のまなざし】最新話ネタバレと感想!

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されている弱虫ペダルの最新話である519話【先輩のまなざし】の

  • ネタバレ
  • 感想

を書いていきます。

週刊少年チャンピオンはU-NEXTを使えば無料で読む事ができるので、ネタバレを読む前に最新話を無料で読んで見てはどうでしょうか?

※最初の31日間は無料で使え、600ポイントが付いてきます。

登録・解約方法は下記の記事で1から画像つきで紹介しています。

U-NEXTへの登録・解約方法を画像付きで1から解説!

2018.10.18

弱虫ペダル519話(最新話)ネタバレ

インターハイ3日目のゴール近くで後輩を待つ巻島裕介と東堂尽八。

「歓迎だな」

「当然だよ」

「しかもその観ているレースがインターハイの最後を決める闘いで」

「走ってる2人が」

「おまえが育てためがねくんと」

ボソッと「別にオレは……育ててないショ」

「オレが見込んだ真波山岳なのだから」

小野田坂道と真波山岳はほとんど並びながら駆け抜けていく、ゴールへと。

「オレとおまえの二つ下に同じくクライマーが入ってきた その2人は出会い闘った 互いを意識しひかれ合った」

「似ているじゃないなオレたちと!! しかも2人の走りのスタイルは正反対!!」

「もうそこまで来ているあと10分とかかるまい わずか10分……だが あの2人にとって━━」

「永遠に感じるほどの長い時間になるのだろうな」

それに巻島は「ああ」

「“永遠”ショ」

「背負って」

「賭けて全力を絞り出す」

「走ってるヤツにしかわからない時間ってヤツショ」と返す。

「それにこの闘いは 2日目榛名山で反故になった“キングオブマウンテン”」

「“山神”の称号を決する闘いでもあるのだから」

「それはおまえが勝手に決めてるだけショ」

「フ…いや もはやあの2人の勝負の決着には」

「称号の方がついて回るのだよ」

「見届けよう!! オレたちが!! この歴史を!!」

少し大げさで大仰な東堂の言い方。

「クハ」

「ああ!!」

「昨日小野田にはオレたちの勝負を見届けてもらったカリもあるショ」

「ああ‼」

「(いけよ 真波よ)」

「(自由に!! 頂きへ!!)」

「(小野田━━)」

「(東堂が“オレがおまえを育てた”つってるショ)」

「(育てたかえぁ? 何も言わないでただ前走ってただけだ)」

「(「鍛えれば登るぞ センスある!!あいつはクライマーだ」)」

「(「やっぱ自転車でしか界隈できねェ」)」

「(「自己流で一番早かったらそれサイコーにカッコイイショ」)」

「(けどおまえはいつもついてきた)」

「(ふり向くと)」

「(笑ってたな 楽しそうに)」

「(来いよ 坂道)」

「(ひるむな 恐れるな)」

「(大丈夫だ)」

「(オレが見といてやる)」

「(だから全力で)」

「(ペダルを回せ!!)」

まだ真波山岳が先頭を走り加速をかけるが。

坂道も必死に食らいついて並ぶ。

「いいね そう簡単にいったらおもしろくない そうこなくっちゃ」

「何でもカンタンに手に入ったら」

「生きてるって感じれないでしょ?」

「(真波くんのプレッシャーがまた上がった!!)」

弱虫ペダル520話【標高2000m】最新話ネタバレと感想!

2018.11.22
Sponsored Links

弱虫ペダル519話(最新話)感想

先輩が待っているコーナーに向かって2人は一進一退の闘いを繰り広げる。

雄弁で自信家の東堂尽八とは違い、無口で不器用で型破りな巻島裕介は小野田坂道を育てたつもりはないけど、小野田坂道は慕って追いつこうと必死についてくることに先輩としての喜びを教えてくれたんだなと思いました。

このペースだと長くても年明けにはゴールにたどり着くかと思います。

来週も楽しみですね。

漫画を完全に無料で読む方法

今回は、週刊少年チャンピオンで連載されている弱虫ペダルの最新話である518話【先輩のまなざし】の

  • ネタバレ
  • 感想

について書いていきました。

下記の記事では漫画を無料で読む方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

漫画の最新刊や最新話を完全に無料で読む方法を紹介!

2018.10.30

それでは今回の記事は以上になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です